野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

野球の話題 野球部訪問

投稿日:2011年5月25日 更新日:


SH3G0205

今日は12時間ほど宇和球場にいました・・・。9時から12時まではピッチャープレートとホームベース入替。昼からは入換したプレートとベースの周りの整備。4時からは後輩の指導。合計12時間でした。

この記事は宇和高校野球部のネタです。

今日の宇和高校野球部はいつも通りの練習。いつも通りなんですが、気になった点が2点。

<あいさつ> 保護者の方や一般の方も宇和球場に足を運んでもらっています。自分たちが地域のみなさんの協力あってこその宇和高校野球部であることを示すためにも、野球部らしい挨拶をもっと徹底して欲しいです。監督さんも部長さんも散々指導してます。やらないのは選手たちの自覚がない証拠。

ちなみに、ワケスポ店長が最近練習試合を見た宇和島東高校も南宇和高校も普通に出来てます。50mを4秒で走ることはできません。150mのホームランを打つことは出来ません。でも、他校よりもしっかりした挨拶は『やればできる』。魔法の言葉ではないですが、『やればできる』のあとに続く言葉は『やらなければできない。何事も』。やらないのは自分たちが弱いからです。ウォーミングアップ前の挨拶練習は何のためか・・・。

<練習態度>
一番楽しく過ごせるはずの高校生活。その貴重な時間を大好きな(はずの?)野球に費やしているのです。その時間を1秒でも無駄にしない練習態度を見せて欲しいです。ワケスポ店長的理想は『厳しく楽しく』。何が何でも厳しくやれば上手くなるかというとそうではないと思います。でも、厳しさの中に楽しさを見出せることが上手くなる・強くなるの最短ルートだと思ってます。人間、誰でも楽な方がいいです。でも、厳しいけど楽しめる状態が理想的だと思います。
どうせやるなら、とことんやってみたらいかがでしょうか?批判される事を覚悟して言いますが、『そんなにイヤならやめればいいんじゃないの?』って言いたくなる態度を見かけます。ワケスポ店長は高校球児の愚痴くらい喜んで聞きます。吐き出すところがあっていいと思ってますから。
でも、監督さんや部長さん・コーチや先輩からお説教されてイヤなら、一切何も言われないようにすればいいんじゃないかな?って思ってます。自分が弱いところを他人に責任転嫁することは高校球児には似合わないです。

この記事自体が愚痴っぽくなったのでこれでおしまいです。共感いただける方がいれば何かコメントしてください。

SH3G0206
SH3G0207

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-野球の話題, 野球部訪問

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2017 AllRights Reserved.