野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

ファイテン

マルコメ隊

バッチリでした!とは言いづらいマルコメ隊の学習発表会

投稿日:


ワケスポーツ宇和店店長の和氣です。
今朝は気温が10℃を超えてこの時期としては気持ち悪いくらいです。
暖かいのは過ごしやすくて良いのですが、暖かすぎるのもどうかなぁ~と思います。

バッチリでした!とは言いづらいマルコメ隊の学習発表会

バッチリでした!とは言いづらいマルコメ隊の学習発表会

平成29年1月28日(土)、マルコメ1号(長男・3年生)とクレラップちゃん(長女・1年生)が通っている宇和町小学校で「学習発表会」が行われました。

「はじめのあいさつ」は1年生が行うということだったので、開始時刻の8時30分には着席してスタンバイです。

1年生のクレラップちゃんは最前列の中央付近にいました。
クレラップちゃん一人だけのセリフはなかったようですが、まあまあの出来だったと思います。

続いて、1年生の劇にうつりました。
クレラップちゃんのクラスは「ネズミの嫁入り」を披露しました。

クレラップちゃんは「ネズミの娘 その1」の役でした。

あらすじ
あるところに、とっても仲の良いネズミの若者(チョロ吉)と娘(チュウ子)がおりました。
この二人は、将来結婚しようと誓い合っていました。

この娘のおやじ様は、村の庄屋さまでした。おやじ様は娘の想いとは裏腹に、年頃になった娘を、この世の中で一番強い「太陽様」に貰ってもらうと発表しました。

これを聞いた村の年寄ネズミは、庄屋さんに言います。「太陽より雲が強い、雲より風が強い、風より壁が強い。そのお壁様に穴をあけてしまう、おら達ネズミが一番強い。だから娘の婿は、この村の若者が一番良い」

これを聞いたおやじ様はなるほどと納得し、ネズミの中から一番強い者を決めることにしました。

そうして、この村一番の力持ちのチュン太と、チュン子の恋人であるチョロ吉が試合をすることになりました。

予想通り、チョロ吉は顔の形が変わるくらいボコボコに殴られるも、絶対に降参しません。これを見ていたおやじ様は、チョロ吉の根性を認め、婿はチョロ吉にと決めました。この世で一番強いのは、好きあった者同士。チョロ吉とチュウ子は末永く幸せに暮らしました。

まんが日本昔ばなしより

家でも結構練習していたと聞いていたのですが、

セリフの声量が小さくて、セリフが聞き取れない!

緊張してたのかな?

最後のダンスはそれなりに踊っていました。

2年生の演目をはさんで、マルコメ1号の出番です。

マルコメ1号たち3年生はなわとびとえがおダンスを披露。

iPhone7のカメラで目いっぱいズームして写真を撮ってみたのですが、モザイクがかかったようになってます・・・

マルコメ1号が家でなわとびの練習をしている姿を見たことがなかったので心配でしたが、ご覧の通りです。
マルコメ1号はアジリティ系の動きは少し苦手のはず。
苦手だからこそしっかり練習してビシっと決めてほしかったなぁ~。

音楽が途中でとまるハプニングがありましたが、ダンスは一生懸命踊っていました!

みきゃんも一緒にえがおダンスを踊りました。
ステージから子どもたちがいなくなってぽつんと一人になったみきゃんに哀愁が漂っていたと思ったのは私だけかな?

これで、マルコメ隊の出番はすべて終了。
とりあえず、大きな失敗はなかったので「良し」とします。

この学習発表会で撮った写真や動画はこれだけ。
西予CATVさんの番組でしっかりチェックしたいと思います!

さて、この学習発表会での問題児はマルコメ2号。
「にいにいとねいねいの学校に行く!」と言い張って、保育園の登園を断固と拒否していました。

一緒に連れて行ったのですが、おとなしく座って見ることができませんでした・・・
保育園でつるんでいる友達を見つけて一緒に見ていたようです。
友達の保護者の方、大変失礼しましたm(_ _)m

以上、「バッチリでした!とは言いづらいマルコメ隊の学習発表会」でした。


 

野球グラブ&スパイク出張修理サービス【Baseball Dr. Car】 オーダースパイクフェア_web 詳しくは専用ホームページををご覧ください!
http://www.baseballdoctorcar.com/


 

宇和ボーイズでは随時入団募集中です!

2016チラシ_OK
子どもさんが野球に興味がある、子どもに野球をしてほしいという保護者の方。
見学も体験入部も随時行っております。 まずは、練習を見学・体験いただいて、入団するかをご検討ください!
練習時間等は事務局が把握しておりますので、お気軽にご連絡ください。

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-マルコメ隊

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2022 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ