野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

野球の話題

勝つためには「追い込まれるまでは空振りする勇気」が必要

投稿日:


ワケスポーツ宇和店店長の和氣です。
第98回全国高等学校野球選手権愛媛県大会は母校と私のサポート校が敗退。
これからは「いち高校野球ファン」としてのんびりと試合を観戦する予定です。

勝つためには「追い込まれるまでは空振りする勇気」が必要

勝つためには「追い込まれるまでは空振りする勇気」が必要

第98回全国高等学校野球選手権愛媛県大会の試合はがっつりと3試合、のんびりと2試合ほど観戦してきました。
観戦した試合で思ったことを書き残しておきます。

当たり前のことかもしれませんが、「言うは易く行うは難し」といった類のとても難しい技術かもしれません。

勝つためには「追い込まれるまでは空振りする勇気」が必要

0ストライク、1ストライクで狙った球種ではない球種が来た時に「当て」にいくシーンを多々見ました。
多くは「ストレート待ちで変化球に手が出る」といった感じです。
※変化球を待っていてストレートが来るとタイミングが合わないのでフェアゾーンには打球は飛びにくいですね。
※狙った球種と違う球種が来たらスイングしないのが一番です

もちろん「当て」に行ってヒットになればいいのですが、凡退した時に「チームの勢い」をそいでしまいます。
ヒットになっても相手に与えるダメージ、特にバッテリーの配球の組み立てを考えさせるような影響は少ないと思います。

ということで、「当てに行って凡退」よりも「空振りして次の球にかける」方が勝利に近づくはずです。

「当て」に行くことができるということはボールの変化が見えている証拠。
見えているからこそ、「当て」に行ってしまいがちです。
「わざと空振り」することは「勇気」のいることですが、この空振りが「次」に活きてくるはずです。

【特に注意すべきシチュエーション】
0~1死1塁や0~1死1・2塁など相手が併殺打をとりたいとき

って書いたけど、文字にするとなんだかよく分からないですね・・・

ということで、「お口直し」といっては何ですが、これまでがっつり観戦した試合で撮った写真の中から私の好きな写真をピックアップして動画にしました。
2分程度の動画ですので、是非ご覧ください!

高校球児を「修理でサポート」します!

野球グラブ&スパイク出張修理サービス【Baseball Dr. Car】 オーダースパイクフェア_web 詳しくは専用ホームページををご覧ください!
http://www.baseballdoctorcar.com/

宇和ボーイズでは未来の高校球児を随時入団募集中です!

2016チラシ_OK
子どもさんが野球に興味がある、子どもに野球をしてほしいという保護者の方。
見学も体験入部も随時行っております。 まずは、練習を見学・体験いただいて、入団するかをご検討ください!
練習時間等は事務局(ワケスポーツ宇和店)が把握しておりますので、お気軽にご連絡ください。

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-野球の話題

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2018 AllRights Reserved.