野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

野球の話題 野球用品について

令和元年は高校野球の改革の元年?投球数制限と「飛ばないバット」

投稿日:


令和元年は高校野球の改革の元年?投球数制限と「飛ばないバット」

令和元年は高校野球の改革の元年?投球数制限と「飛ばないバット」

2019年9月20日、日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第3回会合が行われ、11月下旬に予定されている日本高野連の理事会への提言に、春夏の甲子園大会と地方大会を対象に「7日で500球」の投球数制限導入を明記することを決めたそうです。

3日連続の投球も制限する方針で、来春の選抜大会からの導入を見込み、3年間はルール化せず(罰則無し)、準備や検証の期間と位置づけるとのこと。

また、現在の金属製バットの高い反発性能を見直し、木製バットに近い性能への変更。バットの直径を現行の67mm未満から64mm未満にすることも決まり、早ければ2022年から「飛ばないバット」に変わるそうです。

これについて、考えてみました。

投球数制限

これまでの私の投球数制限に対する考えはこちらをご覧ください

まず、1日100球にならなくて良かったと思います。
高校野球において1イニング13球以下が理想と言われており、1試合(9回)だと120球前後になります。
1日100球だと、完投できる投手がほとんどいなくなります・・・

7日で500球という数字が妥当なのかは正直言ってわかりません。
今年の愛媛の夏を制した宇和島東を例にあげます。
3回戦から決勝までは4試合を5日間。
舩田・和田の2枚を先発させ勝ち進みましたので、このルールに抵触していません。
しかし、エース1人で投げ抜いていた場合、どこかで継投するかエースを温存しないといけない条件となります。
ということで、最低でもエース級の投手が2名必要となります。

3連投禁止は日程の調整で何とでもなると思います。

【まとめ】
チーム事情もあるので、3年後をめどに「7日で500球」という投球数制限の導入は、「アリ」だと思います。
この制度で運用をしてから、将来的にはさらに投球数制限が厳しくなるのではないかと予想します。

「飛ばないバット」

結論から言うと、私は「アリ」だと思います。
理由は危険なためと投球数制限とセット(投手に配慮)でやるべきではないかと思っているからです。

ソフトボールでは、高反発バットが開発され打球が上がりすぎ、大きな事故が起きたため、反発係数制限が設けられました。
硬式野球でも大きな事故が起きているようなので、反発係数制限が必要だと思います。

ただし、木製バットには反対です。
木製バットは折れやすく、ひどい時はたった1球で1万円ほどの木製バットが折れてしまいます。
買い替える費用が膨大になりますので、木製バットではなく、反発係数制限内の金属バットが良いと思います。

スポーツ店の人間として気になるのが、反発係数制限が設けられた場合のバットメーカーの開発競争。
どのメーカーも横並びになるので、「振りぬきやすさ(バットの形状)」だけの競争になりそうです。

高校野球だけでなく、中学・小学の硬式野球でも改革を!

高校野球で、投球数制限と「飛ばないバット」が採用されるのであれば、中学・小学の硬式野球でも、こういうルールが必要だと思います。
「野球選手の肘や肩を守ることは、小学生の頃から始まっている」からです。

私が関わっているボーイズリーグ小学部は今のところ投球回数制限(1日6回、2日連続で8回まで)。
投球数制限だけで今までのバットはOKだと、野球の質が変わってくると思います。
私の今の考えだと、『ボーイズリーグ小学部は、バットの反発係数制限・公式戦は2日で3試合以内(2日連続ダブルヘッダーは禁止)というルールを設けたうえで、「1日6回または80球以内、2日連続で9回または130球以内」』が妥当な線だと思います。

日本には小学・中学硬式野球のリーグが、ボーイズ・リトル・シニアなど複数あります。
全てのリーグが足並みをそろえて、『投球数制限と「飛ばないバット」を採用し、加えて、過密日程も緩和する』を期待しております。

宇和ボーイズでは随時入団募集中です!

子どもさんが野球に興味がある、子どもに野球をしてほしいという保護者の方。
経験豊富なスタッフが、野球の技術はもとより礼儀や頑張る気持ちなど、お子さまの成長をサポートしております!

見学も体験入部も随時行っております。
まずは、練習を見学・体験いただいて、入団するかをご検討ください!
練習時間等は事務局にご連絡いただくかホームページをご覧ください。

【宇和ボーイズ小学部事務局】
〒797-0015
愛媛県西予市宇和町卯之町4丁目345番地(ワケスポーツ宇和店内)
TEL:0894-62-0260
メール:uwaboys@gmail.com
H P:uwaboys.com


 

ワケスポーツ宇和店ではLINE@でお得な情報やクーポン券を発行しております。
気になる方は是非「友だち追加」をしてください!
友だち追加

特別な人への贈り物は、特別に作った木製プレートで!

卒業・卒団記念品や贈り物として、宇和ひのき&島シシレザーを使ったオリジナル木製プレートを贈られませんか?

既製品グラブ 刺繍加工

 

ワケスポーツ宇和店では既製品グラブに刺繍加工ができます!

当店では既製品のグラブへの刺繍加工を店内で行っております。

オーダーグラブは待てないけど刺繍入りグラブが欲しい球児のみなさん、当店でグラブを購入する際(型付け等をしていない新品)に刺繍加工をご注文いただくと、ご覧のように刺繍入りグラブになってお渡しできます。

 

<ご注意点>
・新品グラブのみ
型付けや湯もみなどをしていない新品グラブのみが対象です。

・刺繍の位置や大きさ
オーダーグラブではありませんので、グラブの形状によって刺繍が入る位置や刺繍全体の大きさ等に制限があります。
①手の平上部および下部=全長7cm以内
(バランスが良いのは漢字の場合は4文字まで、ローマ字は6文字まで)
②ベロ横=2cm角以内
(漢字1文字または番号2ケタまで)
また、キャッチャーミットへの刺繍加工はできません。

・お渡し日数
原則、ご注文受付後3営業日後にお渡しいたします(お急ぎの方は事前にご相談ください)。

・返品・交換不可
刺繍加工を行いますので、加工後の返品や交換は一切お断りしております。

・決済方法
グラブ代および刺繍加工代はすべて加工前にいただきます。
クレジットカードのご利用いただけますが、クレジットカード決済手数料(5%)をいただきますので、現金でのお支払いがお得です。

・お持ち込み品
当店以外でご購入されたグラブにも刺繍加工をいたしますが、型付け等をしていない新品グラブにのみが対象です。また、金額は当店で購入した場合よりも約50%UPになります。

野球グラブ&スパイク出張修理サービス【Baseball Dr. Car】

オーダースパイクフェア_web

グラブの破れ修理や縫いP加工をする専用ミシン(八方ミシン)を車両に搭載。
店舗でしかできない複雑な修理をグラウンドや球場のそばですぐに対応しております。

(写真はグラブのウェブ一部修理)

詳しくは専用ホームページををご覧ください!
http://www.baseballdoctorcar.com/

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-野球の話題, 野球用品について
-, ,

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2019 AllRights Reserved.