野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

ファイテン

スポーツの話題

冷静に考えてみよう!アメリカンフットボール悪質タックル問題

投稿日:


冷静に考えてみよう!アメリカンフットボール悪質タックル問題

冷静に考えてみよう!アメリカンフットボール悪質タックル問題

先日、このブログで触れた、アメリカンフットボール悪質タックル問題の続きです。

本当の強さとはどういうことだろうか?と考えさせられる事件

平成30年5月22日、悪質タックルを犯した選手が、弁護士が同席したもとで記者会見を行いました。

決して監督・コーチの批判をせず、非常に好感をもてる対応でした。

「いくら監督、コーチからの指示があったとはいえ、僕がやってしまったことについては変わらないと思っていて、とても反省しています。監督、コーチに対して僕がどうこう言うことではないのかなっていうふうに思っています」

犯してしまった罪の重さを自覚している印象でした。
罪を償うとともに、これからの人生を強い気持ちをもってしっかりと生き抜いて欲しいと思いました。

そして、昨日(平成30年5月23日)、日本大学アメリカンフットボール部の前監督とコーチが記者会見を開きました。
ネットでライブ配信があると聞いたので、記者会見開始30分後くらいから、インターネットにつないでいるPS4を経由したテレビで観ていました。

新聞やテレビの記者さんたちから鋭い質問や事実確認のための質問に、前監督とコーチが回答していきました。
何度も何度も頭を下げる謝罪会見になるのかなと思っていたら、そうではなかった印象です。

終始、冷静な表情に見える前監督と明らかに動揺しているコーチ。
この二人の間になにかあるのではないかと疑ってしまう、私個人の感想は「釈然としない会見」でした。
選手の記者会見に比べると後味の悪さだけが残るといった感じです。

少し冷静になって考えて整理してみました。

最大の焦点は、悪質タックルに関して指示があったかどうかです。

選手:井上コーチから「監督が相手のQBを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやると言っている」と言われた。これは「けがをさせろ」という意味だと思った。
監督:私はこの指示を出していない。
コーチ:QBをつぶして来いと言ったのは間違いないが、けがをさせる目的として言ったわけではない。

この発言にウソがないと仮定すると、この会見で明らかになったのは事実は、

コーチが選手に「QBをつぶせ」と言った。
選手がこの発言を「QBにけがをさせろ」と解釈して実行した。

ということです。

日本大学には第三者委員会が設置されるそうなので、真相が明らかになると思います。
また、タックルを受けた選手の父親が刑事告訴をしておりますので、この事実も事件が起きた背景も警視庁ならびに裁判所で明らかになっていくと思います。

先日のブログでこう書きました。

監督の指示があった・なかったの話ではなく、こういうプレーをしない心の強さを身につけるのがスポーツの良さではないでしょうか?

勝負事なので勝つに越したことはないですが、本当に大切なのは勝ち方やそのプロセスではないでしょうか?

これは選手に向けた言葉でしたが、指導する側にも言えることだと思います。

マルコメ隊の親、宇和ボーイズ小学部のコーチ、と私も教える立場になることがありますので、スポーツの本質を忘れないよう、接する子どもたちをしっかり見て行こうと思います。

気になった記事を載せておきます。

有馬隼人さんは関西学院大学アメリカンフットボール部(01卒)の元エースQB、社会人チームでもプレーし、元TBSキャスターです。
この一件に関して、もっとも詳しく論理的に考えられる人だと思います。

 

そして、もう一人。
有馬さんの1学年下で、2002年シーズンのライスボウルで日本一に輝いた関西学院大学アメリカンフットボール部出身の選手が朝日新聞さんの記者になっているようです。
有料記事なので、会員でない方は全文が観れないのが残念ですが・・・

https://www.asahi.com/articles/ASL5J4JMVL5JUTQP015.html

宇和ボーイズでは随時入団募集中です!

 


子どもさんが野球に興味がある、子どもに野球をしてほしいという保護者の方。
経験豊富なスタッフが、野球の技術はもとより礼儀や頑張る気持ちなど、お子さまの成長をサポートしております!

見学も体験入部も随時行っております。
まずは、練習を見学・体験いただいて、入団するかをご検討ください!
練習時間等は事務局にご連絡いただくかホームページをご覧ください。

【宇和ボーイズ小学部事務局】
〒797-0015
愛媛県西予市宇和町卯之町4丁目345番地(ワケスポーツ宇和店内)
TEL:0894-62-0260
メール:uwaboys@gmail.com
H P:uwaboys.com

野球グラブ&スパイク出張修理サービス【Baseball Dr. Car】

オーダースパイクフェア_web

グラブの破れ修理や縫いP加工をする専用ミシン(八方ミシン)を車両に搭載。
店舗でしかできない複雑な修理をグラウンドや球場のそばですぐに対応しております。

(写真はグラブのウェブ一部修理)

詳しくは専用ホームページををご覧ください!
http://www.baseballdoctorcar.com/

ワケスポーツ宇和店では既製品グラブに刺繍加工ができます!

当店では既製品のグラブへの刺繍加工を店内で行っております。

オーダーグラブは待てないけど刺繍入りグラブが欲しい球児のみなさん、当店でグラブを購入する際(型付け等をしていない新品)に刺繍加工をご注文いただくと、ご覧のように刺繍入りグラブになってお渡しできます。

 

<ご注意点>
・新品グラブのみ
型付けや湯もみなどをしていない新品グラブのみが対象です。

・刺繍の位置や大きさ
オーダーグラブではありませんので、グラブの形状によって刺繍が入る位置や刺繍全体の大きさ等に制限があります。
①手の平上部および下部=全長7cm以内
(バランスが良いのは漢字の場合は4文字まで、ローマ字は6文字まで)
②ベロ横=2cm角以内
(漢字1文字または番号2ケタまで)
また、キャッチャーミットへの刺繍加工はできません。

・お渡し日数
原則、ご注文受付後3営業日後にお渡しいたします(お急ぎの方は事前にご相談ください)。

・返品・交換不可
刺繍加工を行いますので、加工後の返品や交換は一切お断りしております。

・決済方法
グラブ代および刺繍加工代はすべて加工前にいただきます。
クレジットカードのご利用いただけますが、クレジットカード決済手数料(5%)をいただきますので、現金でのお支払いがお得です。

・お持ち込み品
当店以外でご購入されたグラブにも刺繍加工をいたしますが、型付け等をしていない新品グラブにのみが対象です。また、金額は当店で購入した場合よりも約50%UPになります。

 

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-スポーツの話題
-, ,

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2022 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ