野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

ファイテン

四国西予ジオパーク 西予市商工会青年部

ジオパークとは何なのか?

投稿日:


西予市商工会青年部の研修旅行で行った「ジオパーク」を見て、現時点での私なりにジオパークとは何なのか?を考えてみました。

ジオパークとは何なのか?

今回の西予市商工会青年部研修旅行において、私の最大の目的は『先進ジオパークと四国西予ジオパークの違いを感じ取る』事でした。
(部員さんとの交流を深めることももちろん目的のひとつです。)

おおいた豊後大野ジオパーク阿蘇ジオパークと四国西予ジオパーク「ジオサイト」に共通すると思われた点は

ジオパークの影が薄い

ジオパークの幟や看板が非常に少ないのです。
看板があったとしても、景観を損ねないようにこじんまりとしています。
道の駅でも「○○ジオパーク」と書いてあるところが少ないと感じました。

なんでだろう?とさんざん悩んだのですが、
そもそも、おおいた豊後大野ジオパークも阿蘇ジオパークも阿蘇山という世界的にも有名な観光地がすでに確立されている地域です。
一般的な観光客のみなさんは「阿蘇山とその周辺にあるモノ」を観て食べて楽しんでいます。
「ジオパーク」を体験しに来ているのではないのではないかと思いました。

ジオパークとは何なのか?

『観光地としてすでに成り立っている地域は「ジオパーク」を全面に押し出す必要がない!』という結論に達しました。
(この結論は、すでにわかっている人の方が多いかもしれません。)

四国西予ジオパークはこれから観光地化を進める地域ですので、おおいた豊後大野ジオパーク・阿蘇ジオパークとは、そもそもの出発点が違うのだと気づきました。

では、四国西予ジオパーク(西予市)の観光地化を進めるためにはどうすれば良いか?と考えたいのですが・・・

『ジオパーク=観光地』という考え方自体がジオパークの趣旨と違っております。

ジオパークとは『過疎化が進んで人口が減っても、地域で生活を営み続けることができる力を維持しよう』ではないでしょうか?

地域で生活を営み続けるには、
① 地域の良さを地元住民が再認識する
② その良さを「外」にアピールする
③ 来てもらう・ 触れてもらう・食べてもらう・買ってもらう
④ これらがうまく循環することで、進学等で地域を離れた若者が地域に帰って来て地域に根差した仕事を生む
ということではないかと思いました。

では、四国西予ジオパーク内ではいま何をしているのか。
① 地元住民が再認識する
西予市役所企画調整課にある四国西予ジオパーク推進室さんが、ジオガイド養成講座や小学生・中学生に向けて「出張講座」を頻繁に行い、子どものころから大人まで地域の素晴らしさを啓蒙されています。

②「外」にアピールする
西予市行政と民間が協同で松山・大阪・名古屋・東京など各地で農産物のPRをされています。

③ 来てもらう・ 触れてもらう・食べてもらう・買ってもらう
ここがイマイチ「目に見える」ことになっていないのかもしれませんが、「食べてもらう」に関しては西予市地域雇用創造促進協議会さんが取り組まれています。

④ 地域に根差した仕事を生む
西予市地域雇用創造促進協議会さんが取り組まれていますが、そう簡単に起業することはできません。まだまだ時間がかかるのかもしれません。

あくまでも私の印象ですが、こんなところだと思います。

それでは、本業がスポーツ用品の販売である私に何ができるのか?

四国西予ジオパークの素晴らしいフィールドを活かしたスポーツイベントを通じて、四国西予ジオパークを知ってもらう、来てもらう、楽しんでもらう。そしてまた四国西予ジオパークを楽しみたいと思ってもらう!
ということで、まずは、知ってもらうことから。
(知らないと行ってみようと思っていただく可能性は極めて少ないです。)
これからも四国西予ジオパークについて発信しておきますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

 

結論を書いていませんでした。
ジオパークとは何なのか?
「今のところ」の私の結論は『過疎化が進んで人口が減っても、地域で生活を営み続けることができる力を維持させる力やつながりを作るキーワード』です。

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-四国西予ジオパーク, 西予市商工会青年部
-,

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2021 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ