野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

ファイテン

野球観戦

平成28年度南予地区高校野球新人大会の総括

投稿日:2016年8月21日 更新日:


ワケスポーツ宇和店店長の和氣です。
4日間で5試合も観戦した「平成28年度南予地区高校野球新人大会」について私なりにまとめてみました。

平成28年度南予地区高校野球新人大会の総括

平成28年度南予地区高校野球新人大会の総括

宇和島東が2年連続優勝を果たして幕を閉じた南予新人戦。
全体的には昨年度と同様に、観戦した試合で「四球連発、エラー続出」といった試合がなかったのが好印象。

気になったのが、

①バッテリーの配球

写真撮影のため真後ろから見ていないが、アウトコース一辺倒の配球ではなくインコースをうまく使う(使えた)バッテリーが勝ち上がっていったような印象を受けた。
打者としては、球種だけでなくコースもしっかりと考えて打席に立つということが大切ではないだろうか?

②投手のリズム

いつでもストライクを取れる自信のある球を持っている投手はリズムが良く、攻撃にも良い影響を与えていたといった印象を受けた。
打者としては、カウントを取りに来るボールを狙うという積極性が必要ではないだろうか?

 


 

ここからは試合を観たチームの印象を。

優勝校・・・宇和島東

観戦した試合は以下の3試合。

DSC_0729

1回戦(対 三瓶)

DSC_0493

準決勝(対 大洲)

20160817(159)

決勝(対 帝京第五)

【打撃面】

1イニングに複数の安打を集めて点を取る集中力の高い打線は観ていて気持ちよかった。
秋の大会は、この「打線のつながり=牛鬼打線」がキーポイントになるのではないかと思う。

【守備面】

今大会でマウンドに上がった投手は6名。それぞれに持ち味があり、誰が「真のエース」となるか楽しみである。
どの投手も三振をドンドン取っていくといった印象ではないので、今大会でみせた「固い守り」の継続も重要。

 

準優勝・・・帝京第五

観戦したのは決勝戦7回以降のため注目選手を。

20160817(143)

4番(捕)篠崎選手。
決勝戦では5打数5安打、最終回には1点差に詰め寄る満塁本塁打を放った。
両翼が92mから100mに広がった新宇和球場では「初めての柵越え」ホームランではないだろうか?
甘いボールをきっちりとスタンドに運ぶパワーと集中力はお見事!

ベスト4・・・大洲

観戦した試合は、

20160814(307)

準々決勝(対 宇和)

DSC_0493

準決勝(対 宇和島東)

このチームの大黒柱はなんといっても4番・エースの大谷。

DSC_0070DSC_0399

大谷を中心に、監督さんが目指す野球が初回から最終回まで継続できるかが、秋季大会の躍進のキーポイントになるのではないかと思う。

北宇和

DSC_0465

ベンチ入りメンバー10名と少人数ながら一生懸命のプレーが好印象だった。
新チームから指揮を執る程内監督さんの熱血指導を乗り越えれば、素晴らしいチームになるのではないかと思う。

三瓶

DSC_0729

結果的には17被安打11失点の完封負けとなったが、なぜか「一方的にやられた」という印象はない。
4月から就任した中岡監督の下でどんなチームになるか楽しみである。

母校 宇和

DSC_0465

1回戦(対 北宇和)

20160814(307)

準々決勝(対 大洲)

積極的なバッティングで14安打を放った1回戦とは対照的に準々決勝では2安打(私のスコアブック)。
相手バッテリーの術中にはまったのも原因だが、それよりも大きな原因は「1回戦の疲れが取れず身体が動かなかった」のではないかと思う。
1回戦は猛暑の中で2時間を超える試合となり、かなりの疲労度だったと思う。
しかし、選手個人個人が「どれだけ体を回復させる工夫をしたのか?」、「疲れていても『勝ちたい』という気持ちが体を動かすはずではないか?」と思ってしまった。
「疲れをいかに早く取る」かも練習のひとつ!

現状に満足せず、もっと「上」を目指してほしい。

 

秋の大会は約1ヶ月後

秋の大会地区予選のシード校となった宇和島東、帝京第五、大洲、八幡浜の4チームにノーシード校がどう挑むか。
「センバツへの道」のスタートである平成28年度秋季四国地区高等学校野球愛媛県大会地区予選は9月17日(土)に開幕。
たった1ヶ月と考えるか?
1ヶ月もあるからまだまだやれることがあると考えるか?

どれだけ成長しているかを観るのが楽しみである。

抽選会は8月28日(日)。

がんばれ、南予の高校球児!

 


 

野球グラブ&スパイク出張修理サービス【Baseball Dr. Car】 オーダースパイクフェア_web 詳しくは専用ホームページををご覧ください!

http://www.baseballdoctorcar.com/

 


 

宇和ボーイズでは随時入団募集中です!

2016チラシ_OK
子どもさんが野球に興味がある、子どもに野球をしてほしいという保護者の方。
見学も体験入部も随時行っております。 まずは、練習を見学・体験いただいて、入団するかをご検討ください!
練習時間等は事務局が把握しておりますので、お気軽にご連絡ください。

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-野球観戦
-

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2021 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ