野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

スパイク修理

スパイクの底が削れてきたら・・・

投稿日:


野球用スパイクの底が削れてきたら早めに修理することで長持ちさせることができます。

スパイクの底が削れてきたら

先日、お預かりした野球用スパイクの修理のご紹介です。

「親指の内側あたりが削れてきたので何とかなりませんか?」というご依頼でした。

2015-05-19 09.06.02

ミズノ製の野球用スパイクですが、このシリーズは底の樹脂が少し弱いタイプです。
このままプレーをしているとどんどん削れていって「金具は残っているのに使えない」というもったいない状態になります。

2015-05-19 09.15.24

コバ金と言われる補強金具を打ちつける方法がベストな修理方法なのですが、このスパイクには打てるスペースがありません。
そのため、「サン打ち」と呼ばれる補強方法をとりました。

2015-05-19 09.16.50

そして、補強材をたっぷりと塗って完成です。


 

メーカー希望小売価格11,900円のこのスパイクは使い始めて約6か月。
今回の修理はタイミングとしては早めの修理だったので修理代は1,000円(参考価格)程度です。
使っているうちに、補強の「サン」が削れてきますが、「サン」が削れてなくなるまえに新しい「サン」を付け替えれば更に長持ちします。

【このスパイクの寿命とかかる費用の計算】

①こまめに「サン」を取り換える場合=スパイクの寿命14か月
スパイク代11,900円+「サン打ち」3回×1,000円=14,900円

②修理せずに履きつぶす場合=スパイクの寿命10か月
スパイク代11,900円+新しいスパイク代11,900円(同じスパイクの場合)=23,800円

この計算はあくまでも私の概算ですが、今回の修理代が1,000円(参考価格)かかりましたが、『修理が遅れて買い替える』ことを考えると余分な出費が減ったことになります。
ということで、

道具を大切にしこまめに修理することは、結果的に『買ってもらった人への感謝』の表現のひとつといえるかもしれません。

 


 

野球グラブ&スパイク出張修理サービス【Baseball Dr. Car】 オーダースパイクフェア_web 詳しくは専用ホームページををご覧ください!
http://www.baseballdoctorcar.com/

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-スパイク修理
-

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2017 AllRights Reserved.