野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

グラブ修理 野球の話題 野球用品のメンテナンス(修理)

思い入れのあるキャッチャーミットの修理

投稿日:2014年12月23日 更新日:


37先日、親指の指掛けが切れたキャッチャーミットの修理をご依頼いただきました。

その場で確認すると、おそらく20年くらい使われているようで、全体的にクタクタ。

しかも小指側もかなり大きな損傷がありました。

29
57直せば使えるのですが、新品を買った方が結果的に経済的だとお伝えしたところ、「思い入れのある大切なキャッチャーミット」だと言われたので修理させていただきました。

修理をするためにバラシていったのですが、ミット内部を見てびっくり
52「BEN」のミットの内部に「adidas」の革が入っていました。
補強なのかなぁ~?

ちょっと驚きながら修理作業を進めていきます。
46まずは親指の指掛けを交換。

続いて、大きく切れていた小指側を補強。
16
07次にボロボロになっていたヘリ革を新品に付け替えました。

そして、紐を通して
09
17完成です。

これだけ修理しておけば、しばらく活躍してくれると思います。
24
41ちなみに、この修理作業は久しぶりに予定の時間で仕上がりました。

修理して長く使うほうが良いのか?新品を買った方が良いのか?グラブ・ミットの修理をする際には「費用対効果」を考えて修理する方法を相談させていただいています。店頭にお持ち込みいただければ修理に関する相談・質問は無料で行います。お気軽にご相談・ご質問ください。

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-グラブ修理, 野球の話題, 野球用品のメンテナンス(修理)
-, , ,

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2017 AllRights Reserved.