野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

その他

ブルーライト軽減効果

投稿日:


ブルーライト軽減効果のあるメガネに変えてみると・・・

ブルーライト軽減効果

先日、メガネの鼻受けが壊れたため修理に持っていくと、2度目の修理なのか?壊れた方が悪かったのか?、2~3日かかると言われました。
修理に時間がかかるし、塗装も剥げていたし、レンズが傷だらけだったので、思い切って新しいメガネを購入しました。

大して効果はないだろうとあまり期待をせずブルーライトを軽減するレンズにしたのですが、これがてきめんに効果があるのでびっくりしました!仕事でパソコン画面を見ることが多いので、目の疲れが気になっていたのですが、メガネを変えてから疲れを感じなくなっています。そして、眠りが浅いなぁ~と最近感じていたのですが、メガネを変えてから少し眠りが深くなっている感じがします。
※あくまでも私個人の実感です。パソコン等の画面をみる時間が減っているだけかもしれません。

ブルーライトってそんなに目に(体に)悪いのかなぁ~と思い、調べてみると「ブルーライト研究会」というページにたどり着きました。

ブルーライトは可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光

ブルーライトとは、波長が380~495nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。
一般に私たちが「光」と呼んでいるものは、電磁波のうち、ヒトの目で見ることのできる可視光線のことです。可視光線の波長は、およそ400~800nm(ナノメートル)で、ブルーライトは380~495nm。400nmより短くなると紫外線、700nmより波長が長くなると赤外線と呼ばれます。
私たちの目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波(光)は透過できません。つまり、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光が、ブルーライトというわけです。
デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。
約20年前と比較し、省エネ化でLEDが普及したことにより日常生活におけるブルーライトの暴露量が増えています。ブルーライトの放出量は各デバイスによっても異なり、パソコンのみならず、現代人の必須アイテムとなりつつあるスマートフォンから発せられるブルーライトにも注意が必要です。

(ブルーライト研究会ホームページより抜粋)
http://blue-light.biz/

「ブルーライト研究会」さんのホームページを読むと、「ブルーライト」は目だけでなく体にもよくないようでした。

でも、「ブルーライト」は普通にそこらじゅうにあるものなので、そこまで身体に悪いモノだったら大変なことになりますよね・・・
もう少し調べてみたんですが、ブルーライトが人体に与える影響に否定的なみかたもありました。

そもそも、「ブルーライト」がクローズアップされた原因はパソコンやスマートフォン、LEDの普及のようです。
私が生まれた約40年前にはパソコンなんてほとんど普及していないですから、研究され始めて日が浅いのでこれからいろいろな科学的証明が出るのかもしれません。
こういうことを現代病っていうのかな?

ということで、「ブルーライトを軽減したほうが良い」と断言できませんが、今から気を付けておいた方が良さそうです。

ブルーライトを軽減する方法は、メガネのレンズを変える方法もあれば特殊なフィルムを貼る方法もあるようです。
パソコン画面の設定を変えるという手軽な方法もあるようです。
http://kuufuku-diet.com/6066.html

もっと手軽な方法はパソコンやスマートフォンを見過ぎないということですが・・・

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-その他
-

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2017 AllRights Reserved.