野球用品のメンテナンスやテニス・バドミントンのストリング交換、トレーニング後のケアなどご購入からアフターケアまでずっとお手伝いさせていただいております!

ワケスポーツ宇和店

野球の話題 野球観戦

死闘 後編

投稿日:2011年7月27日 更新日:


DSC_0704
第93回全国高校野球選手権愛媛大会 準々決勝2日目第2試合

宇和島東 010 200 010 04/8
済  美 000 000 004 00/4
(延長11回)

牛鬼打線爆発!粘りの済美をつき放つ延長11回の猛攻。
済美打線の9回の意地の反撃にあと一本出ず。

今日の試合は、『これぞ高校野球』。ちょっと時間がかかるドラマチックな試合でした。
勝因、敗因、はっきりわかりません。
ただひとつ言える事。それは、
『勝ちたいという気持ちが上手くプレーに現れた方が勝った』

運命の11回。

11回表 宇和島東の攻撃
1番岩森からだったが空振りの三振。2番清家がセンター前ヒットを放つ。ここから牛鬼打線に火がついたのかもしれない。済美には去年の記憶がよみがえったのかもしれない。3番本山がショートゴロを打つ。なんでもない6-4-3の併殺打はずだった・・・。
DSC_0555
ショートがまさかの暴投をしてしまう。動揺したのか4番山下に四球を与えて1死満塁となる。

DSC_0569
そして迎えた打者は5番宮本。この試合ノーヒットだった。意地の一振りで2人が生還し2点勝ち越しに成功。
続く6番赤松はサードライナーに倒れるが、7番山内・8番濱田が連続ヒットを放ち、この回4点をもぎ取る。

DSC_0601

11回裏 済美の攻撃
先頭打者が2塁打を放つも4点もらった宇和島東エース赤松は落ち着いたピッチングで試合に決着をつけた。
DSC_0633
DSC_0636

この試合の運命をわけた場面はわかりづらい。
16安打放った宇和島東打線が打ち勝ったとするのが普通だろうが、単純にそうではないと思う。
宇和島東の先頭打者が塁に出たのは2回(1・9回)。宇和島東が得点した4イニングで済美のエラーが絡んだイニングが3イニング。
一方、済美の先頭打者が塁に出たのは3回(8・9・11回)。済美が得点した9回は宇和島東の守備のエラーが絡んでいる。
こういう見方をするとエラーの差なのだろう。
それでも違う気がする・・・。
済美の練習量・質は県内でも有名。
DSC_0662
ワケスポ店長的結論
『勝ちたいという気持ちが上手くプレーに出た宇和島東が勝った』
これしか言いようがない・・・。

DSC_0694
最後に目立たないけど一番頑張ったと思う選手をご紹介。
上の写真中央、泣き顔の山内省吾捕手。この試合、走者がいる場面で後逸無し。中川も赤松もかなりショートバウンドの投球が多かった。3時間半を超える試合時間で、集中力を切らさずショートバウンドを止め続けた。
一番勝ちたいと思い、それをプレーに出せたのは山内かもしれない。

The following two tabs change content below.

和氣 宗一郎

代表取締役社長株式会社道後屋ワケスポーツ
愛媛県西予市宇和町生まれ。 硬式少年野球ボーイズリーグ「宇和フラワー」(現 宇和ボーイズ)、宇和中学校軟式野球部、宇和高校野球部と12年間野球三昧。 1年間の大学浪人生活を経て、関西学院大学に入学。卒業後は大手都市銀行に就職するが母の病気を機に1年半で退職し、平成16(2003)年に実家である株式会社道後屋ワケスポーツを継ぐ。 最も得意なスポーツはやっぱり野球。特にグラブ修理・スパイク修理に関しては自信があります!本業のかたわら母校の指導を行っていた時期もありました。 また、「スポーツを通じて、明るい活気のある人づくり・地域づくりに貢献する」をモットーに「四国西予ジオパーク」の活動や西予市商工会青年部の活動にも力を入れています。

-野球の話題, 野球観戦

Copyright© ワケスポーツ宇和店 , 2017 AllRights Reserved.